(自分の年齢÷4)年後の自分

自分が16歳のときは、4年後 20歳の自分
自分が28歳のときは、7年後 35歳の自分
自分が32歳のときは、8年後 40歳の自分
自分が40歳のときは、10年後 50歳の自分

あなたは、今の年齢÷4年後の自分の事がイメージできますか?

これは、自分が充実しているかどうかを見るための一つのバロメーターです。
逆にいうと、丁度このぐらいの未来が、一番の不安材料だったりします。

自分が若いときは、チャンスも多いけれど、将来に対する見通しは不透明です。
逆に、年を重ねると自分が積み重ねてきたものから、先を想像することが可能です。

実際に、その想像通りに年を重ねることは稀でしょう。
でも、

  "今32歳で独身で働いているけど、40歳もこのまま…?"
  "このままってことは、給料もそんなにあがらないだろうし…"
  "親も年だから、こっちが介護しなきゃいけなくなるのかなぁ…"

と、こんな風に思っていては、運気は上がりません。
どうせなら、

  "40歳の誕生日を一人で迎えるって事は、絶対無い!"
  "その時までには、素敵な旦那も子供もGETして、幸せな家庭を持っているはず!"

と、イメージしなければ、運気を掴めません。
今、数年後の自分のイメージを持つことが出来るかどうかはとても大切です。

未来の自分をイメージした時に、今より悪くなっていると想像する人は少ないはず。
もし、今と同じか、それ以下だと思うなら、今から何とかしないとお先真っ暗です。
今まで自分を変えたいと思っていたけれど、変わることが出来なかったから、
この先も結局一緒と嘆いていては、運は逃げていくだけです。

今まで、『自分が変えたい』と思っていたことは、
本当に変えるべきところだったのでしょうか?

たとえば、『人の上に立ちたい』という願いは、
『人から指図されたくない』のか『自分で采配をふるって人を動かしたい』のかで
大きく違います。

さて、あなたは、今の年齢÷4年後の自分の事がイメージできますか?
もう2006年も終わりです。
新しい年を迎えるにあたり、改めて考えてみるのも良いかもしれません。

どうか皆様が健康で、良い年を迎えられますように…。