一番あたる占い

私は、占星術論理研究家なので、紫微斗数だけでなく、色々な占術の勉強をしています。

そのため、時々聞かれるのが、『一番あたる占いはどれですか?』です。
この質問は、『絶対合格できる参考書は?』と同じレベルの問題です。

と、言うのも、参考書があったとしても、それが理解できなければ無理ですし、
その参考書と自分との相性もあるからです。

話はちょっと反れますが、私は学生時代、『数学』の家庭教師をしていました。
幸い私がみた生徒は、赤点レベルから学力がぐんと上がって、評判が良かったようです。

ちなみに、その時の学力の上げ方は、

1)1年前の学年の問題集を、生徒本人に選んで買ってきてもらう。
  「その問題、全部解いてもらうから、がんばってね。」と言い添えて。

2)生徒本人は、必死で『なるべく問題が少なくて、文字が大きくて、薄い』問題集を
  探して買ってきます。

3)それを、最初のページから順番に解かせます。回答率80%が基準です。

4)間違いは、正していきます。そして回答率60%以下になったら、その問題集をやめて、
  もう1学年前の問題集を買ってきてもらいます。
  逆に、きちんと正解率80%で1冊終わらせたら、学年を上げて、
  現在の学年の問題集を買ってきてもらいます。

これは、どこでつまずいているか? がはっきり分かりますし、
1冊をやりとげると、自信がついてきて、学校のテストの成績が面白いようにUPしました。
でも、彼に一番初めから、『チャート式 解法と演習 数学』を渡しても、お手上げだったと思います。

占いも、同じことです。
自分が取り入れることができるところから、取り入れていくのが一番。
そして、盲信しないこと。
時には、違う方面から見直すかとが大切です。

これも参考書と同じで、ヤマを張りすぎると、
外れた時に、痛い目に合ってしまうからです。